自己紹介

既存のクラシックから発展させ、ジャンルも越えて、ユニークにストーリー性のあるステージをお届けしているピアニスト。

数年前に事故で再起不能と言われていた指の怪我を克服し、現在、関東を拠点として、新しいピアノの魅せ方にチャレンジし、
ピアノの魅力を日本国内に伝えるコンサート創りをしている。

2018年春、CD BOOK「喜怒哀楽のクラシック〜こういう気分の時はコレを♪〜」を発売し、早くも好評で増盤となる。

またその年の夏に公式ファンクラブ「Eriko’s Sky」が設立される。
https://abfll.biz/brd/archives/wnbaau.html

愛知県生まれ。
私立南山中学・高等学校女子部卒業。
ウィーン国立音楽大学に留学。
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。
修士論文『小さな手とピアノの相互関係についての考察』。
大学卒業時、学業成績優秀者給付奨学金受賞。学園祭にて平沼有梨氏(エレクトーン)とショパンのピアノ協奏曲第2番を共演。
「室内アンサンブル協演の夕べ」にてモーツァルトのピアノ協奏曲第26番『戴冠式』をフェリス室内管弦楽団と協演。
サントリーホールレインボウ21企画デビューコンサート2011に出演し、「学長賞」受賞。

その他、数多くのコンクールで受賞。
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)演奏会員。

これまでに鈴木久美子、白木宏子、V・ドヴォラック、熊谷恵美子、落合敦の各氏に、室内楽をR・ゲーラ氏に師事。
ボディマッピングを長井芽乃氏に、脱力奏法を岳本恭治氏に、姿勢科学を桑岡俊文氏、井元雄一氏に学び、新たな奏法を確立している。

《下條恵理子公式メールレター》 
現代版クラシック音楽の聴き方をマスター♪〜あなたのココロをハッピーに〜

下條恵理子の最新情報やクラシック音楽とピアノの多彩で奥深い魅力を楽しく配信中♪人生をカラフルに彩るヒントが隠されているかも?!

「出逢えて良かった」と思えるクラシック音楽、ピアノの豆知識をマスター♪

今登録くださった方へ限定のスペシャルシークレット音源と最新シークレットプロフィールを公開しています! 

ぜひあなたも下條恵理子さんのメールレターをお受け取りください♪
https://03auto.biz/clk/archives/hregfs.html

最近の記事

演奏会情報

下條恵理子 メールレター

主に、日々に彩りを添える「ステキな音楽の魅力や楽しさ」をメールマガジンでお届けしています。今後のコンサート案内や、本サイトの更新情報などもお知らせいたします。

メールレターご登録はこちら